« トレジャーアイランド | トップページ | ご馳走してくれる? »

POWER OF MUSIC

P1000826

もうだいぶたっちゃったけど、また絢香ライブに行ってきた。
日テレ系のニュースの特集でも特集を組んでいた。

母がまた行きたいといっていたので、抽選予約受付申し込んだら
チケットが取れた。

娘も行きたい、行きたいとずーっといってたので、今回は、
母、妹、娘、わたしの4人で行った。

今回のライブイベントのコンセプトは、飢餓、病気、いじめ、などなど、
いろんなことから子供を救おう!
と、歌をとおして呼びかけるということだった。
ゲストもいっぱい。

 
ピアニストの塩谷哲、ダヨねぇーっていってたGAKU-MC、
スキマスイッチの最近ソロ活動している大橋卓弥、
アサヒあじわいのCMソングとか歌ってる広沢タダシ、
Jupiterとか歌ってる平原綾香、コブクロが参加。

他にも参加できなかったアーティスト、AI、森山良子、
GARYのTERUとTAKUROからビデオレターがあった。

 
なんとも豪華だった。
このイベントが開催された趣旨や、思いとかを聞いてライブ中も
感動してしまった。

 
特に、若旦那(湘南乃風)は、熱い思いを感じた。
彼は、彼自身のバンド主催で「てるてるいのち」という、「ムコ多糖症」という
病気の患者さんとかを支援するイベントをやって、薬の承認にこぎつけたりしている。

 

途中、ちょっと涙出そうになったけど、音楽っていうのを通して楽しんで、
いろんな状況の子供がいるのを広めて、みんな考えよう的なものがあるので、
楽しんだ。
それから、今日まで自分で何かできるかな、とか考えたけど、
特に何も思いつかなかった。

今、わたしにできることは、このイベントに参加したことと、
世界中に色んな境遇の子供たちがいるっていうことを忘れずに生活することかな。
それが、とりあえずの、一歩です。

 
以前のライブで(link!)、2階席で、エレベーターもなく、車椅子抱えて階段登ったり
大変な思いをした。

今回は、アリーナ席。でもかなり後ろのほう。
武道館の入り口付近に行くと、ちょうど前に同じく車椅子の方がいた。

案内のお兄さんが、こちらにどうぞ、と一緒に案内してくれた。
事前申請している車椅子の方は、車椅子用の席があるとのこと。
うちは、そんな事は知らなかったので、事前申請はしてなかったけど、
アリーナの後ろだと、みんな立っちゃうから見えないし、
こちらにどうぞ、と1階席のど真ん中、とても見易い席に案内してくださった。
とてもありがたかった。
でも、母と介助者しかその席には座れないので、わたしと娘はアリーナ席に。

 

たぶん、一曲目は「Peace loving people」と予想し、移動中、
娘にずっと聞かせていた。

     予想的中!!

 
ライブはじまって、娘、盛り上がる盛り上がる♪
「お母さん、抱っこー。もっと高くぅー!」と前のめりでステージを見つめ、
いぇーい!と、かなりテンション高い娘。
もちろん、拍手は頭の上で、叩く、叩く。

「お母さん、またここ来たい!!」といい続けていた。
ブロックの最終列だったので、後ろはいなかったし、母と妹が別席に移った関係で、
4席全て、娘とわたしのスペースになった。
見易い位置に、右へ左へ移動しながら見た。

 
娘は、かなりノリノリだったのに、途中で飽きてしまったらしい。
ここら辺は、まだまだ4歳。
 
「ねぇ、お母さん、かっこいい人5人見つけたよ。教えてあげよっか?」
我が娘ながら、こいつは何をやってるんだ???とちょっと飽きれた。

   (ちなみに、彼女の最近の好みは、
    v6岡田くん(わたしと一緒)、小栗旬、
    めがねを掛けた人(南海キャンディーズ、山ちゃん含む)らしい)

 
そして、最後のほう、コブクロも出てきて、盛り上がり、
娘が好きな「Wing Road」歌いだした頃、睡魔に負け、寝た。
ちょうど4つ並んだ椅子に、悠々と横になり、寝てしまった。

あー、まだ連れてくるのは、早かったのかな、とも思ったけど。
終わる頃、しっかり起きて、「また行きたいな」っていってた。
これからも娘と、女どうし、仲良くしたいな♪

 

 
あ、このイベントで一番おどろいたことは、
スキマスイッチの常田さん、アフロをやめてしまったらしい!!

   えーーーー、でしょ!!!

その時初めて聞いた、絢香も、イベント会場の皆も一斉に
「えー、ぇ、えー」って凄い驚いていた。
わたしもかなり驚いて、大声で、えーっていってしまった。
現在は、スポーツ刈みたいな、短髪なんだって。

 

|

« トレジャーアイランド | トップページ | ご馳走してくれる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレジャーアイランド | トップページ | ご馳走してくれる? »