« パステル和アート Vol.1 | トップページ | 広告 Vol.2 »

精油の成分のお勉強

女性のトラブルに良い精油や禁忌、妊婦さんへの禁忌
などなどを学んできました。

 

以前からモヤモヤとよく分かってなかったことがあって、
インターネットで調べようとしたことがあるけど、必要以上に沢山のものが
検索されてしまい、断念してしまってたので良い機会になった。

 

 

成分から作用を教えて頂いたので、思っていたよりもすっきりした。

最近、インストラクターの勉強を中心にしていたので、
対象30種類の精油の成分しか見てなかったけど、
教えた頂いたら楽しくなってしまい、家に帰ってから、本を引っ張り出して
他の精油の成分も眺めました。

 

もっと色々知りたいな。

 
アロマテラピーに興味を持ったのが、10代とかだったら、
フランスに留学してお医者さんの博士号とかとって勉強したりとかしたかも知れない。

なーんて思ってしまう。

 

 

必死になればできないことなんて無いかもしれないけど、
今のわたしには、現実的な話ではない。

お医者さんにはならないけど、セラピストとして精油に携わっていければと思う。

 

 

 

以前から、特に妊婦さんへのアプローチは気になっていたのには、
わたしなりの理由がある。

 

わたしは助産院で2度ほど出産をしている。

以前から、自然分娩に興味があったし、病院で行う陣痛促進剤、子宮収縮剤、
浣腸、会陰切開などをするのがイヤだった。

あと、正常妊娠で体調にも問題がなければ、妊娠は病気ではないので
「病院に入院」ということに違和感を感じた。

 

 

なぜか、ご縁があり、息子妊娠時に同じフロアで働いていた方が
整体の先生を紹介してくださった。

出産前や、臨月時の体と骨盤の調整や日常生活のアドバイスなど、
とてもお世話になりました。

 

妊娠中は、近代的な腹帯ではなく、一反ある「さらし」を巻いて快適に過せた。

先生のご指導のもと、うちの旦那が覚えて毎日巻いてくれた。

先生と旦那のお陰です。
             ありがとう。

 

第二子の娘の時なんか、助産師さんたちに褒められてたくらい上達してたもん。

 

 

その先生が、その当時住んでいた所から近い助産院を紹介してくださって、
わたしは助産院で出産することになったのです。

助産院はとても居心地が良かったし、安心して出産できた。

 

手術台みたいのに横になることなく、わたしひとりのために足や腰を
擦ってくださったし、うちの旦那も水飲ませてくれたり、
ずっと手を握ってくれてたりしてくれて、みんなで産んだ感じがした。

 

もちろん、へその緒は旦那が切りました。

いちばん最初に息子を抱いたのも旦那。

 

なので、わたしは我が子を抱くっていうのに、
白衣を着て新生児室に入ってくのが信じられない。

もちろん病院の方針によって違うので全てがそうってわけじゃないけど。

 

 

子ども生まれたのが夜だったのもあり、その日は助産院の部屋に布団を敷いて頂き、
旦那、わたし、生まれたばかりの息子の3人で一緒に寝られた。

その他、書ききれないほどの感動と思い出があり、
家に帰る日も「この助産院でもうひとり産むぞっ!」って決めました。

 

その後、第二子の妊娠が分かったとき、すぐに助産院に電話した。

以前お世話になった方が出て、名前を言うとすぐに分かって頂けた。
それもまた嬉しかったことのひとつ。

 

そして、娘も無事産まれました。

家に帰る日には、もうひとりは産まないかもしれないけど、
やっぱり「この助産院に戻ってくるそっ!」って思った。

 

息子と娘を産んだ助産院でボランティアをしたい。
(助産院には全然まだ申し出たりしてないけど。今のところ無許可です。)

娘を産んでからずぅーっと思ってた。

 

 

ボランティアできたとしても、その場で妊婦さんにオイルトリートメントを
するわけではないけど、何か聞かれたりした時の予備知識として
妊婦さんへの精油の使用法も知っておきたいなって。

 

 

ちょっと今日は長々と文字をいっぱい書いてしまいました。

 

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

東京都中央区、有楽町線新富町・日比谷線築地の小さなアロマサロン
女性専用・完全予約制

                 【AromaRoom M】

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

|

« パステル和アート Vol.1 | トップページ | 広告 Vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/202041/29218923

この記事へのトラックバック一覧です: 精油の成分のお勉強:

« パステル和アート Vol.1 | トップページ | 広告 Vol.2 »