« 巨匠の作品 Vol.7 | トップページ | 我が家の男たちの嗅覚 »

町会のバスツアー 2009

今年も去年に引き続き、実家のある町会のバスツアーに参加してきた。

 

今年の行き先は、神奈川にある相模湖リゾートプレジャーフォレスト。

プレジャーフォレストには、最近はまっているメイちゃんの執事の
ロケ地もありまーすnotes

 

 

今回は残念ながら、パパは熱出しちゃって欠席。

わたしと、息子(7歳)、娘(5歳)の3人で参加。
わたしの弟一家(4人)も一緒に参加しました。

 

3人だと席にもうまく座れなかったので、
弟一家と子供たちは、バスの一番後ろの席に横並びに座った。

なのでわたしは、ひとつ前の席にひとりscissors

のはずだったんだけど・・・

人数の関係で、やっぱりひとりになっていたおっさんの隣に。

 

まぁいいや、子供たちは後ろで楽しそうにしてるし、
朝早く起きて選挙にも行ったし、眠いし、
音楽でも聴きながら、ゆっくーりお休みタイムsmile

 

のはずだったんだけど・・・

 

 

隣のおっさんとお話を始めてしまった。

しかも、出発から到着まで、おじさんオンステージのマシンガントーク coldsweats02

もちろん、まったく眠れずweep

 

 

でも、良い収穫も沢山だった delicious

 

隣のおっさん、確か78歳とのこと。

戦争の話や、戦後の話、昔の八丁堀のこと、沢山話してくれた。

 

 

はじめのうちは、正直、あー早く話し終わらないかなぁ。
なんて失礼なこと思ってたけど、
段々、昔の知らない話を聞くことに本とに興味が沸いてきた。

 

闇市の話、混んでる電車の話、食べ物、お酒、たばこの配給の話、
戦後の時代のお小遣いの稼ぎ方、昔の酒場の話、
八丁堀に映画館や寄席があったこと、お風呂屋さんの話、路面電車の話
などなど、興味深い話だった。

 

この前、戦後60年の番組を見ていて、
段々、生の声を聞くのは難しくなってるっていう話をしてたけど、
昔の事って、映像や本でなく、ご本人から色々な話を聞くって言うのは
ほんとに貴重な事なんだなって思った。

 

そんな訳で、おっさんマシンガントークの中、
あっという間にプレジャーフォレストに着いた。

 

 

プールもあるっていうから子供たちの水着持ってきたんだけど、
この日は、寒くって、寒くって、プールどころじゃなかったな。

だぁ~れもいないプール♪
P_pool

 

 

元気な少年、約1名は「プール行くよ!!」っていって入ってたけど。

その子の父曰く、
「温水じゃないし、すげー寒かった。他に誰も入ってないし」

 

 

園内の乗物フリーパスが配布されたので、
とりあえず、子供用のミニコースターに乗り、リフトで丘の上に登って
観覧車に乗った。

 

「僕、高いところ苦手なんだよね」って怖がる息子&喜ぶ娘
P_kanran

 

 

展望台。

メイちゃんの執事で、メイが両親と一緒にいったと思い出を語ってたところで
わたしたちもパチリ camerasign01

セルフタイマーに挑戦して撮ってみた。
P_m

 

 

 

岡から降りて、やっと乗物エリアに移動してきたのに、
rainrainrainrainrainrainrainrain

     かなり、ザーザー rainrainrainrainrainrainrainrainrainrain

 

 

晴れてれば楽しいんだろうけど、雨だと、な~んにも出来ない・・・

 

しょうがなく、屋根のある昼食集合のバーベキュー場へ。

食べ放題、飲み放題だったので、いっぱい食べて飲んだ。

雨でガスってたけでお、景色は良い場所でした。
P_bbq

 

 

その後も雨は止まずcrying 

やる事もないので、急遽近くの小さな温泉施設に寄って帰った。

 

 

 

帰りのバスで、恒例のくじの発表shine

 

なんとsign03

ちょうど3日位前に、買い替えよっかっていってたフライパンが当たったのsign03

ラッキーscissors
P_pan

 

 

 

ちなみに去年は、ジップロックケースみたいのが当たりました。
P_box

 

これを見た息子の第一声。

「あっ、お弁当箱だ!」

 

ごめんよ。
これは世間一般では、お弁当箱って呼ばないんだよ。

遠足とか、お弁当必要なときはいつも、ジップロックケースだったから。
うちの子たちは、これがお弁当箱だと思って育っている・・・

カラになると軽いし、便利なんだけどね。

 

他の子は、ちゃんとキャラクターとか付いたお弁当箱持ってたみたい
なんだけど、うちはそういうの買ってなかったんだよね。

小さい弁当箱なんて、どうせ数回しか使わないし、入れにくいと思って。

 

 

地元に帰ってきてたときも大雨だったけど、
今年も、雨それなりに楽しいお得なバスツアーでしたnote

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【AromaRoom M】
      東京都中央区(銀座周辺)、有楽町線新富町・日比谷線築地の小さなアロマサロン
      女性専用、完全予約性、ボディートリートメント、フェイシャル

|

« 巨匠の作品 Vol.7 | トップページ | 我が家の男たちの嗅覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巨匠の作品 Vol.7 | トップページ | 我が家の男たちの嗅覚 »