« なんとなく買った本だけど | トップページ | 泣いてもいいですか? »

親の記憶と子供の記憶

実家の店に、わたしの友人の親御さんが見えて、
わたしに、よろしくといって帰られたらしい。

 

彼女の名前は、フルネームで覚えてる。
でも、顔は全く思い出せない。(ごめんね)

だって、彼女とは仲良くしていた記憶はあるけど、
幼稚園で1年だけ一緒で、転園してしまい、
記憶が確かなら、それ以来30年以上会っていない。

 

 

多分、今会っても誰だか分からないし、何を話してよいか分からない。

それでも、親御さんは覚えていて下さった。

 

自分が親になってはじめて分かったことだけど、
子供は小さい頃の記憶で忘れちゃってても、親は案外覚えているもの。

息子、娘の同級生や、小さい頃に遊んだお友だちで、
引越ししたりしたお子さんでも、以外に覚えているものだし、
アルバム見ても何となく思い出せるものだ。

 

親の目線と子供の目線や記憶って違うもんだね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【AromaRoom M】
     東京都中央区(銀座周辺)、有楽町線新富町・日比谷線築地の小さな隠れ家アロマサロン
     女性専用、完全予約性、ボディートリートメント、フェイシャル

|

« なんとなく買った本だけど | トップページ | 泣いてもいいですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとなく買った本だけど | トップページ | 泣いてもいいですか? »