« ガチャピンとムック | トップページ | ほぼ日手帳 2010 »

楽しく生きよう♪

突然、暗いお話だけど、母が亡くなった。

公に書くのもなんだけど、やっぱり記録しておこうと思って
書いてみています。

せめてタイトルくらいはと思い、明るめにしてみました。

 

 

あと1年半位の命と死の宣告を受けてから、2年と少しだったな。

 
今年の春、お医者様にもいつ重病になってもおかしくないし、
もし入院することがあったら、そのまま退院はできないと思う、と再告知された。

そのとき、レントゲン見せてもらって説明を受けたけど、
大腸のガンが色んなとこに転移しちゃってたし、
肝臓へ転移したものは一番進んでいた。

4月の時点で肝臓は、3分の2近く腐敗していたし、
6月位には危ないんじゃないかって言われた。

 

 

それでも、それなりに元気で秋まで過せました。

春には一緒に旅行にも行けたし、その他にもちょこちょこと出かけていた。

母が病気になったことで、前より一緒に色んなとこいけたし、
ある意味、以前より楽しい人生を送れた面もあったと思う。

 

でも、この数週間で急に体力も落ちて、浮腫みもひどくなってきてしまった。
この1週間位は、肝機能が殆ど働いていなかったんだと思う。

 

足もゾウの足みたいにパンパン。
でも、オイルトリートメントしてると少しは浮腫みがとれた。

 

先週は、何とか孫(うちの息子)の学校のふれあい給食会にも参加できたし、
うちによって一緒に食事したりして過せた。

来月は、母の誕生日もあったし、買物に行く予定もあったし、
一緒に大江戸温泉にでも行くかっていってたんだけどな。

それは、かなわなかったなぁ。

 

 

 

何度も入院したり手術したりしていて、病院大っ嫌いの母。

体に痛みも大分あったみたいだけど、ギリギリまで家で過せてよかった。

痛みと体調が悪くなって、昨日の朝入院して、夜中亡くなったのです。

 

お母さん、今までお疲れ様。

 

 

それから、母のかなり年下の病院友達Mちゃん。
ありがとう。

彼女は、2年ほど前に亡くなってしまったけど、
母とは、お見舞いに来てくれたり、電話やメールをしたりと仲良くして頂いた。

わたしは彼女と数回しかお会いしたことないけど、ステキな人。

 

病気と伴に生きることとを教えてくれて、沢山のパワーをありがとう。
彼女の人生は、ほんとに極上の人生です。

Mちゃんの極上人生のブログ

 

 

 

夜中に病院から、電話をもらってから殆ど寝てないので、
日にち感覚がよりなくなって、何だかヘンな感じ。

さてと、これから色々忙しくなるぞ。

とても急だったので、父もアタフタ・・・

 

これから礼服を買いに行かねば。

ここ数年、礼服を着る機会がなかったんだけど、
その数年で、かなり太ってしまって・・・

入るものを調達してまいりま」」すっdash

|

« ガチャピンとムック | トップページ | ほぼ日手帳 2010 »

コメント

こんばんは
わたしは父を数年前に亡くしていて、それまで父との関係は良くはなかったのですが、癌がわかってわたしは結婚し、それから抗がん剤と放射線、民間療法で下の子の顔をみるまでは生きていてくれました。
今、振り返っても父は厳しくて本音では好きにはなれなかった人ですが、その存在には感謝しているし亡くなったときにはなんでかめちゃめちゃ涙がでました・・・(実はちょっとびっくりでした)
父の存在は結構トラウマにはなっていますが、この人がなかったら自分もないって、この年になったから思えてます。
人が一人亡くなるってこんなに大変なんだって、わたしもそのとき思いました。その人の存在が消えてしまうのって・・・
人が誕生することよりも、魂が消えてなくなる事実に正直とまどいました。

投稿: アロマねえさん | 2009年10月23日 (金) 23時02分

>アロマねえさん
こんばんは。
お父様を亡くされて、色々と戸惑われたのですね。
おしゃるとおり、人が一人亡くなることは大変なことですよね。
下のお子さんのお顔を見ることができてよかったですね。
きっとお父様もお喜びになったのではないでしょうか。
お父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

投稿: アロマM | 2009年10月25日 (日) 19時10分

そうですか…。
チュラマナの上原さんの記事から。あれから2年経ちましたね。時々こちらを拝見させて頂いてました。

ご冥福をお祈りします。

ハワイ語の、Aloha、という言葉は、出会いにも別れにも両方の時に使われる言葉。だから、こんな時こそこの言葉を使いたいですね。


ALOHA!

投稿: にいにい | 2009年10月26日 (月) 23時18分

>にいにいさん
こんにちは、温かいお言葉ありがとうございます。
そうですね、あれから2年経ちました。
内容も濃い2年でしたが、早いものです。
あの時の上原さんの記事はまさに、心に響きました。

偶然にも母の葬儀は、はじめて老人会の方々にフラを発表して、母にも見てもらった公民館でした。
改めて考えると、『Aloha』良い言葉ですね。
それから、チュラマナの音楽も元気なときも、沈んでいるときも、とても良い感じで心を穏やかにしてくれます。

投稿: アロマM | 2009年10月27日 (火) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガチャピンとムック | トップページ | ほぼ日手帳 2010 »